株とは?その④銘柄の選び方、仕手株

こんにちは!証券兄さんです。

前回の記事では、初心者が注意すべきポイントと投資に対する考え方について書きました。今回はもう一歩踏み込んで、実際に銘柄を選ぶ際の調べ方や仕手株について書いていきたいと思います。

<前回の記事はコチラから 株とは?その③>

 

銘柄の選び方

株式投資では銘柄の選び方が重要です。どのような情報を信用して銘柄を選べばよいのでしょうか?ここでは株式投資の情報収集の方法と注意するポイントをご紹介します。
インターネットでは口コミの情報が多く存在しますが、あくまで口コミですのでその情報が正しいかは保障されていません。ネット上なのであることないこと書かれている可能性もあります。株式の売買の判断に使う際は注意しなくてはなりません。
一方で、新商品の情報などをブログや掲示板などで評価しているサイトは参考になるかもしれません。なぜなら、このような新商品の評価をした情報は今後の会社のヒット商品となる可能性を秘めています。

また、この手の情報はアナリストとは違う視点で企業の新たな側面を評価したものとなりますのでぜひ参考にするとよいでしょう。あなた自身のお気に入りの商品を作っている会社にも注目してみることも、良い銘柄を見つけるヒントになるかもしれません。

ネット上で探すだけではなく、普段の生活から探すのもとても良いでしょう。もしあなたがお子さんのいる旦那さんの立場だったら、奥さんに最近使ってるものを聞いてみるのもいいでしょう。生活の中で困っていること、便利になったことを聞いてみると、思わぬところから投資についてのヒントが得られるかもしれません。奥さんの立場だったら旦那さんの会社のことや、取引先のことを聞いてみるとネットにはないような情報が得られると思います。

何より聞いてみるべきなのはお子さんからの意見です。子供の情報のアンテナはものすごく早いものです。若者で流行っているものが世間に認識されるのにはワンテンポかかります。お子さんが欲しがっているもの、学校で流行っているものなどを普段の会話の中で気にすることで、思わぬほどの儲けを生み出す可能性があります!ちょっとしたコミュニケーションのついでに情報収集できるといいですね。

また、自身の売買の参考にしたい場合、上場会社の多くはIR課というものがあり投資家に分かりやすく説明する部署もあります。新商品の情報について詳しく把握できたものが、今後そのヒット商品が会社の業績を左右するものとなれば、当然株価は上昇します。また、独自の情報となることから、新製品のクチコミ情報などが気になった場合問い合わせれば売買の参考にもなります。
ただ、口コミ情報には真偽が分からないものも数多くあり、上記のようにIR課に問い合わせてみるか、それでも分からない場合は購入を行わないのが無難でしょう。

何よりも大事なポイントは、

 自分で考えに考え抜くこと

 

投資はあくまで自己責任です。いろいろな意見を参考にする分には構いませんが、結局決めるのは自分で儲けるのも損をするのも自分です。厳しい言い方になりますが、誰誰がこう言っていたからと投資をするくらいなら投資なんてしないほうが良いと思います。最後は自分が決めるというのをしっかりと意識しましょう。

まとめ

・新商品の情報は今後のヒット商品になる可能性も秘めている

・売買の参考にしたい場合、会社のIR課に問い合わせてみる

・身近な人の話の中で情報を集める

 

仕手株に注意

仕手株とは、巨額の投資資金を武器に銘柄の価格などを意図的に操作されている銘柄のことをいいます。これを操る人のことを“仕手筋”と言います。この仕手株を一般の投資家が判断することはとても困難とされています。 このように利益を上げる人たちは、株式をまず買い占めてから相場を吊り上げます。

ただし、買い占める際は、一気に行うのではなく少しずつ行って買い占めることから仕手筋が買い占めているかどうかは判別がつきにくいものです。多くの初心者がこれを知らずに手を出してしまい大やけどをしてしまうケースが多いようです。

とは言っても仕手株がどのようなものかは株式初心者には判別がつかないと思います。そこでいくつか一般的な仕手株の特徴についてまとめてみました。
① 倒産リスクが高いとされる100円以下の銘柄

② 過去に急激な暴騰と暴落を繰り返している銘柄

③ 業績が悪かったり、売買に人気のない株式であってもあるとき急に出来高が急騰する

などの特徴があります。①は以前書いたように100円以下というのは非常に信用性に欠ける銘柄となります。仕手株以前に手を出さないように気を付ければいいでしょう。

②は、仕手筋とよばれる集団は同じ銘柄で定期的に繰り返される傾向があり、大抵1日か2日で終わってしまうのが特徴です。これは過去のチャートを見れば一目瞭然です。あまりにも値動きが激しいものがあったら銘柄選択から除外しましょう。

③の見分け方を説明すると、基本的な方法は銘柄情報をみれるページ(ヤフーファイナンスなど)で値上がり率ランキングのベスト50をチェックします。もしくは東証(一部・二部)、東マ、JASDAQごとにそれぞれ上位25位ずつでも構いません。
 次に上位にランクされた銘柄に株価が上がる材料のないことを確認します。(当該銘柄のHPで確認)
 そして特に材料がないのに出来高が5~10倍程度増加したり、突然値上がり率上位にランクされた銘柄は除外しましょう。

この3点を覚えておくだけで、悪質な銘柄に引っかかることは非常に少なくなります。しっかりと覚えて下さいね。

 

まとめ

・仕手株とは、巨額の投資資金を武器に銘柄の価格を意図的に操作された銘柄

・怪しいと思ったら、100円、チャート、出来高を確認

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。