東京メトロ、全駅のホームドア設置計画を決定

こんにちは!証券兄さんです。

最近駅での事故が多いですね。酔っぱらって落ちてしまう人や誤って転落する人など後を絶えません。そんな駅に関するニュースがありましたので、まとめていきたいと思います。

 

東西線全駅の設置計画が決定

 東京メトロは2017年6月29日(木)、全9路線全179駅のホームドア設置計画が決定したと発表しました。

 東京メトロは駅ホームでの安全対策として、全駅へのホームドア設置を進めています。今回、東西線の優先設置駅(高田馬場、早稲田、神楽坂、飯田橋、九段下、竹橋)以外についても設置計画が決定したことで、全駅の設置計画が決まりました。各路線の設置計画は次のとおりです。

●銀座線
・工事開始:着手済み
・整備完了:2018年度上期
・浅草駅と上野駅(渋谷方面)は整備済み
・渋谷駅と新橋駅(渋谷方面)は大規模改良工事終了後に整備予定

●日比谷線
・工事開始:2020年度
・整備完了:2022年度

●東西線
・工事開始:2017年度
・整備完了:2025年度(今回決定)

●千代田線
・工事開始:2018年度
・整備完了:2019年度(これまでの2020年度から前倒し)
・北綾瀬駅と綾瀬駅(0番線)は整備済み

●半蔵門線
・工事開始:2017年度
・整備完了:2023年度

ホームドアは、透過型ハーフハイトタイプが採用されるとのこと。1日10万人以上の利用がある駅は2024年度までに、残りの駅は2025年度までに整備される見込みです。

ちなみに、丸ノ内線、有楽町線、南北線、副都心線は、全駅でホームドアの整備が完了しています。

ホームドアの設置費用

 

久しぶりに電車に乗ったら、駅のホームに ホームドア というものが設置されているのに気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ちなみに証券兄さんのいる静岡県ではなかなかお目にかかることが出来ません。

最近、視覚障がい者のホーム転落事故などもありました。このようなニュースが流れると、ホームドアの設置が普及せざるを得ないと思います。ただそうは言ってもタダでは出来ないので、時間がかかるのは間違いなさそうです。

 

ちなみに、そんなホームドアの設置料金は、

 

    ホームひとつあたり 約10億円

 

ひとつの駅にホームが2つとすると、約20億円ということになります。かなりこうがくですね。※もちろんこれらは鉄道会社の負担です。

具体例を出すと、JR東日本の山手線全線にホームドアを設置してかかった費用が約550億円 と言われています。

 

 

大半の駅で、ドアだけでなく ホームの補強工事 が必要となるので普及が遅れているそうです。今現在あるホームのほとんどが、ホームドアの荷重に耐えられないそうです。なので、上を整備するだけでなく、下の部分の基礎工事からもう一度やり直さなければいけないのでこれだけの費用がかかるということなのです。

 

設置が進まないワケ

 

お金がかかるのもさることながら、ホームドアの設置がいき渡らないのには、そのほかにも以下のような理由があります。

    • 車両の規格がマチマチ

ひとつの車両につき扉が2枚あったり3枚あったりと数が違ったり、扉の付いている位置が違う

    • 構造上の問題

ホームが狭くて柱がある、ホームドアを設置すると車いすが通れなくなる、などの問題がある

 

 

まだまだ問題点がありますが、首都圏を中心として全国に普及していくのは間違いないと思います。ちなみに2016年の12月22日に、国土交通省は、1日10万人以上が利用する駅についてホームドアを原則2020年度までに設置することを決めました。同省はこれまで「優先的に整備する」としていましたが、整備率は約3割にとどまっているのが現状です。明確に期限を区切ることで普及を促す方針とのこと。

 

国交省によると、利用者10万人以上の駅は今年3月末で260駅あるが、ホームドアが設置されているのは82駅でした。未整備の約180駅のうち、ホームの幅が十分あるなど既に整備条件が整っている約60駅は原則20年度までに整備することにしたそうです。

 

一方、車両ごとに扉の位置が異なったり、ホーム幅が不足していたりして従来の横開き式のホームドアの設置が難しい約100駅については、ロープ式や昇降バー式など新型ドアの設置を求める方向で動くとのこと。期限は21年度までをめどとし、新型ドアの設置も難しい場合は駅員から視覚障害者への声かけなどソフト面の対策を重点的に実施させる方針とのことです。

 

 

証券兄さんの銘柄を見る!

ナブテスコ(6268)  3300円

PER:18.12倍  PBR: 2.71倍  配当利回り:1.70%

 

ナブテスコは、ホームドアにおいて国内で20パーセント前後のシェアを占めている有力なホームドア関連企業です。ホームドアだけでなく自動ドアでも有名な企業で、自動ドアに関しては50パーセント前後のシェアを誇っています。

上記のニュースのように、国土交通省の決定があればプラス材料。通常の駅だけではなく新幹線のホームは安全性からホームドアの設置がされます。今後、新幹線の停まる駅の増加+リニア開通を考えると今後10年は安定した仕事が見込めます。

また、不謹慎ではありますが事故などが起こった場合に設置の前倒しはありますが、設置の撤回や延期にはなりにくいと考えられます。

チャートを見ても一年かけて緩やかな20%上昇。配当利回りも2%近くあることから長く持って利益を出せる銘柄だと思います。あくまでご参考までに。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。