投資信託とは?

こんにちは!証券兄さんです。

今回は皆さんよく聞かれる投資信託(以下投信)について書いていきます。

 

投資信託って何?

投資信託とは、個人から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が運用して、運用成果が個人それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。
集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

つまり、自分のお金をプロに預けて運用してもらう。

投信の儲けは相場の動きなどによって変動します。投信の購入後に、投信の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず損をすることもあります。投信の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて個人に帰属します。つまりすべて自己責任となります。

そして重要なポイントとして投信は元本が保証されていない
この点は銀行の預金などとは違うところなので注意が必要です。

今回のまとめ

・投信とは個人のお金をプロが運用する

・儲けも損も自己責任

投信についてその①でした。今回もお読みいただきありがとうございます。

次回もよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。