ダイキン 米に新工場500億円の投資!

こんにちは!証券兄さんです。

今日は投資のネタとしてダイキンのニュースがあったので取り上げたいと思います。

〈6367〉ダイキン工業

証券兄さん注目の銘柄です!

と太字で強調するくらい気になる会社です。以下今日出たニュース

ダイキンは24日、米テキサス州で空調機の大型工場を本格稼働させた。ダイキンの米子会社が約500億円を投じ、既存4工場を集約する形で建設した。新工場では住宅、業務用の空調機器を生産。物流や営業の機能も統合し、需要が伸びる米市場でのシェア拡大を目指す。

敷地面積は東京ドーム43個分に相当する200万平方メートルで、延べ床面積は37万平方メートル。延べ床面積は工場としては全米で2番目の広さという。

と事業拡大に力を入れております。ここでダイキンの主な事業について

ダイキン工業株式会社は、日本の大阪府に本社を置き、世界五大陸38ヶ国に拠点を持つ空調機、化学製品の世界的メーカーです。空調事業の売上高は2010年からキヤリア社を抜き世界第1位、またフッ素化学製品でもデュポン社に次いで世界第2位、換気事業においても世界第1位のシェアを誇る。

日本が誇る世界トップシェアのメーカーなんです! ただ人によっては空調といっても今一つピンと来ないかもしれません…

 

そこでコチラの画像をご覧下さい

今諸外国で問題になっている大気汚染の写真です。

実際にはこれ以上にひどい光景もあります。特に中国やインドなどの後進国ではまだまだ環境対策が進んでおらず、特に人口の多い都市部でもこのような環境です。

中国、インドでは国内の開発も進み、中流層が爆発的に増えてきています。冷蔵庫・洗濯機・TVなどの家電を買うのと同じくらい必需品が

空気清浄器なのです

 

証券兄さんも中国・インドの成長力は疑いようがないものだと思っています。なぜなら人口が多いから。国力は人口の多さに比例するものだからです。

そして現在中国での中流層は約2億人、2020年には4億人に増加することが見込まれてます。こんな美味しい状況なのです!

 

信頼も実績もあり、競合他社が比較的少ない業界の盟主として一人勝ちの未来もあり得るのではないでしょうか。ぜひ皆さんも注目してみてくださいね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。