ソフトバンク「営業利益3兆円突破」がまもなくか

こんにちは!証券兄さんです。

証券兄さんもソフトバンクのスマホを使ってたことがあるんですが、そのソフトバンクで面白い記事があったので取り上げたいと思います。

 

ソフトバンクの純利益がとうとう1兆円を超えた。純利益で1兆円を稼ぎ出す日本企業は、トヨタなどごく限られています。ソフトバンクは名実ともに日本を代表する会社となったわけですが、今回の決算はそれ以上の意味を持っています。

もしかするとソフトバンクは日本で初めて、本当の意味での「世界企業」に成長できる可能性が見えてきたからだ。

ソフトバンクが発表した2017年3月期の業績は、大きな驚きを持って受け止められた。売上高はほぼ横ばいの8兆9010億円だったが、当期純利益は前期比約3倍の1兆4263億円となった。同社の純利益が1兆円を超えるのは初めてのことであり、日本において純利益が1兆円を超える企業というのはトヨタなどごくわずかしかない。

 ソフトバンクは投資会社でもあることから、純利益1兆円超えは投資収益による瞬間風速だと思った人も多いかもしれない。投資会社の場合、扱うものが金融商品になるので一時的に利益が急増加することあるのです。

確かに当期利益の中にはゲーム会社であるスーパーセルの売却益5265億円などが含まれているが、最大の要因は本業の通信事業が好調に推移したことです。つまり今回の好業績は、実業によるホンモノの儲けということになります。

事実、本業による儲けを示す営業利益は、前年比12.9%増の1兆259億円。携帯電話を中心とする国内通信事業が好調で、部門利益は前期比4.5%増の7196億円になりました。この規模の企業としては破格の増加です。

なかでも注目すべきは、同社によって最大の懸案事項だった米スプリントの業績が回復しつつあり、1864億円の利益を計上できたことです。

もしスプリントの業績が本格的に回復した場合、ソフトバンクをとりまく環境は劇的に変化することは間違いないでしょう。このあたりのカラクリを理解するためには、米国の通信市場の状況とソフトバンクの立ち位置について、もう少し詳しく書きたいと思います。

スプリントは米国の大手通信会社で、ソフトバンクが2013年に216億ドル(当時のレートで1兆8000億円)で買収しました。当時は超高額な買収で、利益が本当に出るのか疑問視する声も多く上がってました。

米国の通信市場は、ベライゾンとAT&Tの2社でシェアの6割以上を占める構図となっており、それぞれ1億人強の利用者(すべての契約を含む)を抱えています。

一方、スプリントは全米4位(買収した当時は3位)の通信会社だが、契約者数は5800万人となっており、上位2社と比較するとかなり見劣りがするものです。

実はソフトバンクは、スプリントの買収に成功した場合、続けて全米3位の通信会社であるTモバイルUSを買収する計画でした。つまりスプリントの買収は単体ではなく、TモバイルUSとのセットで初めて意味を持つことになります。

だがこの計画に対して米当局の反応はかなりネガティブでした。孫社長は何度もワシントンを訪問し、「業界を再編することが通信環境の向上と価格の下落につながる」と力説したが、米連邦通信委員会(FCC)と司法省の寡占に対する警戒を解くことはできず、買収は白紙に戻すこととなったのです。

 ところがトランプ政権が誕生したことで風向きが大きく変わった。孫氏はトランプ氏が大統領に当選すると、ニューヨークのトランプタワーを電撃的に訪問し、安倍首相よりも早く一面を飾るなど話題となりました。

米国に対して総額で500億ドル(約5兆6000億円)を投資し、5万人の雇用を生み出すと約束した。アメリカ・ファーストを掲げるトランプ氏は、孫氏を賞賛し、これによって当局の雰囲気も大きく変わったといわれてます。

少なくとも米国の株式市場はソフトバンクがTモバイルUSを買収することについて、すでに織り込み済みとなっていると言われています。

もしソフトバンクがTモバイルUSの買収に成功した場合、スプリントと合算した契約者数は約1億3000万人となり、ベライゾンとAT&Tに肩を並べることになる。トップ2社の営業利益はそれぞれ2兆7000億~3兆億円程度なので、合併後のスプリントとTモバイルUSが、3兆円近い営業利益を生み出すことはまったく不可能な話ではないのです!

 つまり、一連の取り組みに成功すればソフトバンクの営業利益が3兆円を超えることも夢ではないのです!

そんなソフトバンクを証券兄さんがちょっと見てみました。

証券兄さんが銘柄を見る!

<9984> ソフトバンクグループ

2017/06/07 終値 8965円

PER: -倍 PBR: 2.72倍 配当利回り 0.49%

1年のチャートでみると1.5倍の株価に。上で書いたようにトランプ大統領と良好な関係というのはいい材料。更に加えるとイギリスのARMという半導体設計の企業も昨年買収しています。まだ大きな実績は出ていませんがおそらく2代目アップルのような存在になろうとしているのでは。正直企業の底力、孫さんの投資センスを考えると15000円とか余裕でいきそうです。ただ、ソフトバンクは孫さんありきの会社という評価も間違ってはないので、孫さんの進退問題の話題には非常に注意すべきかなと。あくまでご参考までに。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。疑問点や質問等がありましたらご意見下さい。次回もよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。